診療科・部門紹介>看護部>外来


外来

  • 部署概要

職員人数:看護師22名、准看護師4名
勤務形態別人数(看護職):常勤10名、日勤常勤1名、非常勤15名
外来患者数:306人/日 (透析・ドック含まず)
平均勤続年数(看護職):14.6年
平均残業時間(常勤看護職):月1~30時間(平均13.3時間)
日勤体制:看護職13~15名
夜勤体制:看護職 外来当直1名、師長当直1名

  • 患者さんの疾患・傾向
  • 外来スタッフ外来スタッフ

整形外科疾患としては、胸腰椎圧迫骨折などの安静療法。上下肢骨折などの手術療法への対応。

外科疾患としては、ヘルニア・虫垂炎などの手術療法。消化器系癌に対する手術・化学療法への対応。

内科疾患としては、肺炎・心不全・心筋梗塞・腎不全などの急性期~慢性期への対応や悪性新生物による化学療法。

泌尿器科疾患としては、前立腺肥大・前立腺がん・腎がんなどの検査・手術・化学・ホルモン療法への対応。

透析導入時には、シャント(人工血管)作成、シャントトラブル時には、OSA・PTAの対応も行っています。

眼科疾患としては、白内障の手術療法への対応。眼鏡・コンタクトの矯正への対応。


  • 部署の特徴

20~60代の幅広い世代の看護師がいます。その中でも30~40代の看護師が8割を占め、外来各科で中心となって働いています。

子育て中の看護師がほとんどで、中には“孫育て”への協力をしながら働くスタッフもおり、病気や行事の時には「お互い様」の誠心でカバーしながら協力しあえるアットホームな仲間たちがいます。

各科それぞれ専門的知識を身につけられる部署です。ブランクのある方、子育て中の方でも働きやすくやりがいがあるので是非、見学にお越しください。





▲トップへ