診療科・部門紹介>腎臓病センター>慢性腎臓病


慢性腎臓病(CKD)


  • まず腎臓の働きですが、以下のようなものがあります。
  1. 老廃物の排泄:尿素窒素、クレアチニン、尿酸、毒素など。
  2. 体液の恒常性の維持:水、Na、K、Cl、Ca、Pi、Mg、水素イオンなど。
  3. 内分泌臓器:レニンとエリスロポエチンの産生・調節、ビタミンD活性化など。
  4. 代謝臓器:、アミノ酸の産生など。
    腎臓では多量の濾過(100ml/分、150L/日)と多量の再吸収(99%)が行われ、1日1L~2Lの尿が生産されるわけです。

  • そして慢性(Chronic)腎臓(Kidney)病(Disease)ですが、通常この頭文字をとってCKDといわれます。

1995年に米国腎臓財団が腎臓病領域の「根拠に基づいた医療」として初めてのガイドラインDOQIを作成しました。これは透析患者さんの予後改善を目的としました。そして2002年透析患者さんだけでなく、早期の腎障害も含むガイドラインK/DOQIとなりましたが、この時初めて慢性腎臓病の定義と診断、病期分類が提唱されました。そして2004年、国際組織としてKDIGOが設立され、K/DOQIを踏襲する形で慢性腎臓病の定義・分類が作成されました。


  • では何故慢性腎臓病が問題でしょうか?

それは(1)人数が多いこと。日本では成人人口の12.9%(1330万人)。(2)将来的に透析療法が必要となる可能性があること。(3)心血管疾患(心血管病の発症、心筋梗塞、心不全、脳血管障害)による入院、および心血管病による死亡や全体的な死亡のリスクが高いこと、以上の三点です。そしてCKD発症あるいは腎障害進行のリスクファクターは以下のようなものがあります。

  1. 高血圧
  2. 耐糖能異常、糖尿病
  3. 肥満、脂質異常症、メタボリックシンドローム
  4. 膠原病、全身性感染症
  5. 尿路結石、尿路感染症、前立腺肥大
  6. 慢性腎臓病の家族歴・低体重出産
  7. 過去の健診での尿所見の異常や腎機能異常、腎の形態異常の指摘
  8. 常用薬(特にNSAIDS)、サプリメントなどの服用歴
  9. 急性腎不全の既往
  10. 喫煙
  11. 高齢
  12. 片腎、萎縮した小さい腎臓

  • 次に、慢性腎臓病の定義ですが、

次の(1)、(2)のいずれか、または両方が3カ月以上持続するときです。

  1. 尿異常、画像診断、血液、病理で腎障害の存在が明らか。特に尿蛋白の存在が重要。
  2. GFR<60mL/分/1.73m2

  • そして慢性腎臓病のステージ分類です。

透析患者(血液透析、腹膜透析)さんの場合にはD、移植患者さんの場合にはTをつけます。


病期
ステージ
重症度の説明 進行度による分類
GFR(mL/分/1.73m2)
ハイリスク群 ≧90(CKDのリスクファクターを
有する状態で)
腎障害は存在するが、GFRは正常または亢進 ≧90
腎障害が存在し、GFR軽度低下 60~89
GFR中等度低下 30~59
GFR高度低下 15~29
腎不全 <15
  • 最後に慢性腎臓病の治療はどういうものがあるでしょうか。
  • 腎臓の模型腎臓の模型
  1. 慢性腎臓病の原因・原疾患の治療
  2. 生活習慣の改善:肥満の解消、禁煙
  3. 食事指導:食塩制限、蛋白質摂取量の制限
  4. 高血圧治療
  5. 尿蛋白・尿中微量アルブミンの減少
  6. 脂質異常症の治療
  7. 糖尿病・耐糖能異常の治療
  8. 貧血に対する治療
  9. 尿毒症毒素に対する治療

以上が一般的な治療法ですが、すべての人にすべての治療が必要なわけではありません。問題点をみつけ、個人に合わせた治療を受ける必要があります。

腎臓病センター長 鬼無 信






▲トップへ