診療科・部門紹介>透析センター>透析センター設備概要


透析センター設備概要


  • 透析センター(103床)・病室
  • 当センターは快適に透析を受けて頂く為にベット間隔を広めにとり、リラックスできる環境を提供しております。
    また、専門医からなるチーム医療を行い、一度に103人の透析治療が可能です。



  • 使用器機
  • 当院では、透析用水及び透析液の水質は、社団法人日本透析医学会で制定された最新の「オンライン補充液の水質基準に関する要求事項」をクリアしており、HD.on-lineHDFに加え オンライン補充液によるプライミング、返血が可能な透析用患者監視装置を導入しています。


当院の透析の流れ


井戸水→災害時でも汲み取りできます 透析剤はA粉末とB粉末をRO水で溶かして原液化!密閉されて、衛生的!全自動化で負担軽減!水処理装置DC-nano 様々な工程を経て、高純度の水を作成。1日10t以上の水を作成しています!日本一のサイズ!熱水消毒に対応!→純水(RO水)→溶解装置DAD-50NX←粉末ボトル
A原液 B原液→供給装置DAB-NX→フィルタ A原液、B原液、RO水を希釈混合し、透析液を作成します。供給後、有害物質であるエンドトキシンを吸着するフィルタ(ETRF)を装着し、さらにピュアな透析液に!→透析液
各コーナー、患者様へ 監視装置DCS-100NX 最新型を導入!!透析液流量、温度および静脈圧等を監視しています。




▲トップへ