人間ドック>トピックス


睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)をご存知ですか?

Sieep(スリープ)・Apnea(アプニア)・Syndrome(シンドローム)
当院では、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っております。
次のような症状はありませんか。

  • 大きなイビキをかく
  • 居眠り運転をよく起こしそうになる
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 日中いつも眠い
  • 夜間の呼吸停止
  • 起床時の頭痛やだるさ

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。
大きなイビキや起床時の頭痛、夜間の呼吸停止、日中に強い眠気がさすなどの症状があります。
潜在患者は人口の1~2%といわれ、放っておくと高血圧や心臓循環障害などに陥ると言われおります。
また、日中の眠気などのために仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を引き起こします。
しかし、治療方法も確立されておりますので、適切に検査・治療を行えば決して恐い病気ではありません。

どのような検査をするの?

2日ドックを受診される方は、この検査をオプションで受けることができます。
終夜簡易睡眠ポリグラフィーという検査を行います。
この検査では、睡眠中の呼吸の状態、血液中の酸素濃度などを同時に測定し無呼吸の有無を知ることができます。

  • 検査は簡単に行うことができ、テープにてセンサを貼り付けていただくだけです。
  • 検査器械の装着方法はスタッフが夕方頃にご説明いたします。
  • 後は、夜お休みの前に取り付けるだけです。
  • 翌日に、検査結果をご説明いたします。
  • 検査結果によっては、精密検査が必要となります。

キナシ大林病院 人間ドック

お問合せ申込はこちらまで

電話 直通 087-881-3218

FAX 直通 087-881-8020

E-mail dock@obayashihp.or.jp

月曜日~土曜日:14:00~17:00 水曜日は除く





▲トップへ