診療科・部門紹介>泌尿器科

  • 日本泌尿器科学会関連病院
部長 佐倉 雄馬 日本泌尿器科学会指導医
日本がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定

泌尿器科では尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)及び男性生殖器(前立腺・精巣・陰茎など)における疾患の診断・治療、及び腎不全に対する透析を行っています。

<診療内容>

  • 腎・膀胱・前立腺等における泌尿器科一般の診断・治療。
  • 尿路性器腫瘍(癌)の診断・治療。前立腺癌の生検検査の実施。 男性・女性を問わず排尿障害・頻尿・尿失禁に対する診断・治療。
  • 尿路性器感染症(膀胱炎・腎盂腎炎・前立腺炎・尿道炎など)の診断・治療。クラミジア・淋菌など性行為感染症の診断・治療。
  • 腎不全における内シャント造設、人工血管留置。シャント閉塞に対する経皮的血管拡張術(PTA)の実施。

前立腺肥大症に対するレーザーを用いた手術(PVP)

「経尿道的レーザー前立腺蒸散術」のご案内

保険手術名は経尿道的レーザー前立腺蒸散術と言いますが、波長532nmのレーザーを使うことからPVP(Photoselective Vaporization of the Prostate)と呼ばれます。

海外ではレーザーを用いた前立腺蒸散術がすでに一般的で、2011年より本邦でも保険適応となったことで採用する施設が増加しています。

当院では、香川県で初めてAMS社GreenlightHPSレーザーシステムを導入し、良好な成績をおさめています。

PVPは、従来、前立腺肥大症に対する標準手術とされてきた経尿道的前立腺切除術(TUR-P)と比べて、治療成績は同等で、低侵襲であり合併症が少ないことが特徴です。

具体的には、術後の出血や痛みが少ない、カテーテル留置期間が短いなどの長所があり、入院期間も短く(当院では最短で4日前後)済みます。

トイレが近い、尿の勢いがない、途切れる、残尿感がある、などの症状をお持ちの方は前立腺肥大症の可能性がありますので、一度当科までご相談ください。

詳細は、こちらから(1,063KB)


ソノリス・プラクティスによる「体外衝撃波結石治療」のご案内

  • ソノリス・プラクティスによるESWLの利点
    • 手術をしないので、体に傷をつけない
    • 新しく開発された電極を使用しているため、破砕効果が高く、治療時間が短縮される
    • 浅い楕円形ジェネレーターによって多くの場合、痛みの少ない治療が可能となる
    • 小さな腎・尿管結石の場合、通院治療だけでよく、麻酔や入院の必要が無い
    • 治療ベッドに寝たまま治療が受けられる
    • 心疾患を持つ患者さんには、心電図に同期させて治療するため安全
    • 衝撃波の強弱がコントロールできる
  • ソノリス・プラクティス当院が導入したソノリス・プラクティス
  • 尿路系の図尿路系
  • ソノリス・プラクティスによる「体外衝撃波結石治療」の説明図ソノリス・プラクティスによる「体外衝撃波結石治療」

男性の方へ こんな症状はありませんか?

  • 尿が近い
  • 夜中に何度もトイレに起きる
  • トイレが我慢できない
  • 強い尿意がおこる
  • 尿が漏れることがある
  • 尿が途切れる
  • 尿の勢いが弱い
  • 残尿感がある
  • 尿が出にくい

男性ではこのような症状がある方は前立腺肥大症も疑われます。
軽いうちなら、お薬による治療が有効です。
近頃どうも・・・という方は、早めに医師に相談して下さい。

外来診察

午前 佐倉 佐倉 佐倉 佐倉 佐倉 佐倉
午後 (手術・検査) (手術・検査) 休診 (手術・検査) (手術・検査) (手術・検査)
  • 午後は、手術・検査のため外来診察は行っていません。
  • 予約診察をお勧めします。
  • 予約フリーダイヤル(月~土 14:00~17:00)
  • フリーダイヤル0120-88-0884(オバヤシ)
  • もしくは電話番号087-881-3631(代表)までご連絡ください。 休診日除く



▲トップへ