診療科・部門紹介>泌尿器科

部長 佐倉 雄馬 日本泌尿器科学会指導医
日本がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定

泌尿器科では、尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)及び男性生殖器(前立腺・精巣・陰茎など)の疾患、透析医療におけるブラッドアクセス(内シャント・人工血管・永久留置型カテーテル)に対する診断・治療を行っています。

診療内容

泌尿器悪性腫瘍(腎細胞がん・腎盂尿管がん・膀胱がん・前立腺がん)
当院では日本泌尿器科学会(JUA)・米国泌尿器科学会(AUA)・欧州泌尿器科学会(EAU)の各種ガイドラインに沿った治療を行っています。
腎細胞がん・腎盂尿管がんに対する手術治療としては腹腔鏡手術を取り入れています。また小径の腎細胞がんに対しては腎部分切除術を行い、腎機能をできるだけ温存しています。
膀胱がんの治療は早期がんでは経尿道的手術、筋層浸潤を伴うような進行がんに対しては傷をできるだけ小さくした開腹手術による根治的膀胱全摘術を施行しています。経尿道的膀胱手術の際には、特殊な青色光線下での観察ができる内視鏡システムを導入しており、再発率の低下を目指しています(詳細は別項記載:膀胱がんの経尿道的治療:5-アミノレブリン酸を用いたがんの光線力学診療)。
前立腺がんに対しては血液検査(PSA)で異常が認められる場合に組織採取(針生検)行い診断を進めます。前立腺の針生検は原則1泊2日で行っておりますが、ご希望があれば日帰り生検も可能です。針生検の結果でがんと診断された場合にはPSA監視療法・手術治療・内分泌治療・化学療法(抗がん剤治療)を行っています。手術治療はがんを取り残さないことを第一に考えて、開腹手術で行っておりますができるだけ創を小さくすることに取り組んでいます。
×
下部尿路症状(LUTS:lower urinary tract syndrome):頻尿・尿失禁・排尿困難など
下部尿路症状の原因は、①尿の流出路の閉塞、あるいは膀胱収縮力の低下で起こる尿排出障害と②膀胱に尿をためる機能が低下する畜尿障害に大別されます。問診・尿流量測定検査・残尿測定検査・腹部超音波検査・排尿日誌などでこれらの病態を診断し、薬物治療・手術治療を組み合わせて治療を行っています。
・男性の下部尿路症状の原因として前立腺肥大症があります。有病率は60歳で6%、70歳で12%と言われています(男性下部尿路症状・前立腺肥大症ガイドライン)。当院では前立腺肥大症に対する手術は、低侵襲で入院期間も短い「光選択的前立腺レーザー蒸散術(PVP)」を導入しております(詳細は別項参照:前立腺肥大症治療:PVP:経尿道的レーザー前立腺蒸散術)。
×
尿路結石
・内服治療に加えて、体外衝撃波結石破砕術(詳細は別項参照)・経尿道的結石破砕術を行っています。
・現在尿路結石の有病率が増えており、近年はメタボリックシンドロームの1疾患として考えられるようになってきました。尿路結石の大半を占めるカルシウム含有結石は5年間の再発率が45%と言われており、治療後の再発予防として生活習慣の見直しが非常に重要です。回収した結石は成分を分析したのちに、再発予防を目的とした生活指導を行っています。
×
尿路性器感染症(膀胱炎・腎盂腎炎・前立腺炎・尿道炎など) 、性行為感染症
・検尿・培養検査・核酸増幅検査などを用いて診断を行っています。抗菌薬による治療が中心となります。
×
ブラッドアクセス造設、シャント狭窄に対する経皮的血管拡張術(PTA)
・透析治療に必要なブラッドアクセスを作成する手術治療を行っています。手術は自己血管を使った内シャント作成術、人工血管留置術、永久留置型カテーテル挿入術などがありますが、すべて局所麻酔による手術となります。作成したシャントは透析で使用する過程で高率に狭窄を起こしてきます。そこで定期的に血管超音波検査を行い、シャントが狭窄あるいは閉塞した場合には血管の中に拡張バルンと呼ばれる風船を広げて狭窄を解除する治療を行っています。
×

当院の治療の特色


膀胱がんの経尿道的治療:5-アミノレブリン酸を用いたがんの光線力学診断(PDD)

  • 特殊な青色光線を出す機器:Aladuck LS-DLED特殊な青色光線を出す機器:
    Aladuck LS-DLED

経尿道的膀胱腫瘍切除術時における特殊な青色光線下での観察ができる内視鏡システム 膀胱の壁(筋層)に浸潤しない膀胱がんは、内視鏡による切除が標準治療です。しかし従来の白色光による切除では微小病変や平坦な病変は視認することができず、残存病変による再発が問題となっていました。脳腫瘍の分野で使用されていた5-アミノレブリン酸というアミノ酸を内服した上で膀胱内を特殊な青色光線で観察すると癌に取り込まれた内服薬が赤く発色します。従来見えなかった病変を視認できることで、術後の再発率が低下することが報告されました(Eur Urol. 2013;64:846-54)。2018年4月から保険適応となりましたので、2018年9月よりこの内視鏡システムを導入して術後再発の低下に取り組んでおります。

  • 白色光による画像

    白色光による画像
  • 特殊な青色光線下の内視鏡画像:膀胱癌のある部分が赤色に発光特殊な青色光線下の内視鏡画像:
    膀胱癌のある部分が赤色に発光


前立腺肥大症治療:PVP:経尿道的レーザー前立腺蒸散術

前立腺肥大症に対するレーザーを用いた手術(PVP:経尿道的レーザー前立腺蒸散術)波長532nmのレーザーを使うことからPVP(Photoselective Vaporization of the Prostate)と呼ばれます。

海外ではレーザーを用いた前立腺蒸散術がすでに一般的で、2011年より本邦でも保険適応となったことで採用する施設が増加しています。

  • GreenLightHPSGreenLightHPS

当院では、香川県で初めてAMS社Greenlight@HPSレーザーシステムを導入し、2018年10月までに100例をこえる患者様が治療を受けられています。

PVPは、前立腺の肥大に伴った尿道の閉塞を経尿道的にレーザーで蒸散を行い尿の通り道を広げる手術です。従来、前立腺肥大症に対する標準手術とされてきた経尿道的前立腺切除術(TUR-P)と比べて、治療成績は同等で、低侵襲であり合併症が少ないことが特徴です。

具体的には、術後の出血や痛みが少ない、カテーテル留置期間が短いなどの長所があり、入院期間も短いことが特徴です(当院では最短で4日)。

  • 肥大した前立腺肥大した前立腺
  • GL レーザ療法による治療GL レーザ療法による治療
  • GLレーザ療法の術後GLレーザ療法の術後

手術画像:©2018 Boston Scientific Corporation. All rights reserved.


2017年度の平均手術105分、平均尿道カテーテル留置期間は1.5日、輸血症例0例でした。 当院ではPVP手術導入後3年が経過し、安定した手術成績を残しています。PVP手術に関しては10年を超える長期成績も報告されており、当院でも2年以上経過した症例でも良好な排尿状態を保っています。

前立腺肥大症で手術を検討されている方は是非ご相談ください。


当院の治療成績(78症例の尿流測定・残尿測定)
当院の治療成績(78症例の尿流測定・残尿測定)

手術画像:©2018 Boston Scientific Corporation. All rights reserved.


詳細は、こちらから(1,063KB)


ソノリス・プラクティスによる「体外衝撃波結石治療」のご案内

  • ソノリス・プラクティスによるESWLの利点
    • 手術をしないので、体に傷をつけない
    • 新しく開発された電極を使用しているため、破砕効果が高く、治療時間が短縮される
    • 浅い楕円形ジェネレーターによって多くの場合、痛みの少ない治療が可能となる
    • 小さな腎・尿管結石の場合、通院治療だけでよく、麻酔や入院の必要が無い
    • 治療ベッドに寝たまま治療が受けられる
    • 心疾患を持つ患者さんには、心電図に同期させて治療するため安全
    • 衝撃波の強弱がコントロールできる
  • ソノリス・プラクティス当院が導入したソノリス・プラクティス
  • 尿路系の図尿路系
  • ソノリス・プラクティスによる「体外衝撃波結石治療」の説明図ソノリス・プラクティスによる「体外衝撃波結石治療」

男性の方へ こんな症状はありませんか?

  • 尿が近い
  • 夜中に何度もトイレに起きる
  • トイレが我慢できない
  • 強い尿意がおこる
  • 尿が漏れることがある
  • 尿が途切れる
  • 尿の勢いが弱い
  • 残尿感がある
  • 尿が出にくい

男性ではこのような症状がある方は前立腺肥大症も疑われます。
軽いうちなら、お薬による治療が有効です。
近頃どうも・・・という方は、早めに医師に相談して下さい。

外来診察

午前 佐倉 佐倉 佐倉 佐倉 佐倉 佐倉
午後 (手術・検査) (手術・検査) 休診 (手術・検査) (手術・検査) (手術・検査)
  • 午後は、手術・検査のため外来診察は行っていません。
  • 予約診察をお勧めします。
  • 予約フリーダイヤル(月~土 14:00~17:00)
  • フリーダイヤル0120-88-0884(オバヤシ)
  • もしくは087-881-3631(代表)までご連絡ください。 休診日除く
  • フリーダイヤル0120-88-0884(オバヤシ)
  • もしくは087-881-3631(代表)までご連絡ください。 休診日除く



▲トップへ