診療科・部門紹介>透析センター>透析患者様のリハビリについて


透析患者様のリハビリについて

お家に帰っても自分らしく生きる事が出来る、
質の高いリハビリテーションを提供します。


「急性期~在宅まで」を基本方針に連携の取れた密なチーム医療で一貫した包括的なリハビリテーションを提供します。


リハビリテーション科の特徴


全34名のスタッフ(PT:23名、OT:8名、ST:3名)を各病棟・在宅部門に配置し、急性期~生活期まで、専門的かつ切れ目のないリハビリテーションを心掛けています。


透析患者さんで、入院する病態

  • 圧迫骨折や人工関節等の整形外科的疾患
  • 脳梗塞や脳出血後等の脳血管疾患
  • 誤嚥性肺炎や慢性呼吸不全などの呼吸器疾患
  • 心不全急性増悪などの心大血管疾患
  • 他院からの転院後、当院での継続したリハビリテーションの実践
  • 透析治療通院と併用した。外来でのリハビリテーションの継続

等、多種多様な疾病・時期でのリハビリテーションを実践しております。
怪我や病気でお困りの方は、当院での透析治療とリハビリを実施してみませんか?






▲トップへ