診療科・部門紹介>透析センター>検査科の関わり


~透析患者さんへの検査説明と相談~

透析患者さんの血液検査は、臨床検査技師が担当しています。

採取された血液は当院臨床検査室にて迅速に分析しており、パニック値などの極端な異常値は、早急な対応ができるように直ちに医師に報告しています。

2週間ごとの定期検査の結果は時系列リストにして、当日透析中に、臨床検査技師が患者さんのもとへお届けします。患者さんが検査結果を理解しやすくできるように、血液検査の見方の説明や、質問にお答えしています。


  • 透析患者さんへの検査説明と相談透析患者さんへの検査説明と相談

主な血液検査項目

目 的 検査項目名 透析前基準値 単 位 測定回数
透析の効果 尿素窒素(BUN) 90以下 mg/dl 月2回
クレアチニン(CRE) 15.00以下 mg/dl 月2回
尿酸(UA) 2.5~8.0 mg/dl 月2回
電解質のバランス カリウム(K) 3.6~6.0 mEq/l 月2回
ナトリウム(Na) 135~147 mEq/l 月2回
貧血 赤血球数(RBC) 380~550 104/μl 月2回
ヘモグロビン(Hb) 10.0~12.9 g/dl 月2回
ヘマトクリット(Ht) 30.0~38.0 月2回
フェリチン 12~100 ng/ml 3か月に1回
鉄飽和率(TSAT) 20以上 3か月に1回
栄養状態 総タンパク(TP) 6.5~8.0 g/dl 月1回
アルブミン(ALB) 3.5以上 g/dl 月1回
骨代謝 カルシウム(Ca) 10.0以下 mg/dl 月2回
無機リン(IP) 3.5~6.0 mg/dl 月2回
副甲状腺ホルモン(I-PTH) 60~240 pg/ml 3か月に1回
炎症・感染症 CRP 0.00~0.30 mg/dl 月1回
白血球数(WBC) 3500~9000 /μl 月2回
糖尿病の状態 透析前血糖(食後) 70~180 mg/dl 病態による
グリコアルブミン(GA) 20~24 病態による
肝機能 ALT 25以下 U/l 月1回
アルカリフォスファターゼ(ALP) 105~340 U/l 月1回
脂質代謝 総コレステロール(CHO) 120~220 mg/dl 月1回
中性脂肪(TG) 35~150 mg/dl 月1回




▲トップへ